アイシンリブラン リフォーム事例

愛知ゆとりある住まい推進協議会平成25年度「わが家のリフォームコンクール」すまいる愛知賞
  • デザイン性を重視
  • 住まいのリフレッシュ

一日じゅう陽が入る岡崎の家

岡崎市H様邸

光を求めてLDKを2階へ移設。
夢に見た「一日じゅう陽が入る家」を実現。

大きな戸建て住宅に囲まれた住宅街にあって、植木と周囲の家の影響で1FのLDKは昼間でも照明が必要なほど暗く、陰気な感じを気にしてこられた奥様。その一方で、2Fは家族の寝室が3つ。遮るものがなく、工夫次第でこの上ない採光が得られると思いました。そこでご提案したのが、LDKの2Fへの移設。テーマは「光」です。

一戸建てリフォーム
一戸建リフォーム
築年数:19年
工事期間:4ヶ月
アイシンリブラン リフォーム事例

LDKの2Fへの移設でに合わせ、南側を増築(1・2階とも)して居住空間を拡大。水回りや外装・外構など傷んだ部分の補修も手がけるなど、現在のライフスタイルに合わせた間取りを再構築しました。LDK入り口やバスの扉には、積極的に透明ガラスを採用。「人の気配を感じられるように」とのご要望に応えたもので、「仕切る戸」の概念から脱し、「つながりを見せる戸」、「明るさをもらたらす戸」として表現しました。

キッチン
キッチン

キッチンの面材も白で統一。LDはテーブルの丸みが空間の柔らかなアクセントとなっています。

バス
キッチン

奥様のご要望でキッチン横に新設したパントリー。奥様が家事をこなす傍らPC などを扱うスペースです。

バス
バス

バスの引き戸も透明ガラスとしました。洗面所と風呂場があたかも一室のように見えます。

トイレ
トイレ

トイレ・洗面は中扉を排除し間仕切りのみとし、広々した空間になりました。

ページの先頭へ