• アイシンリブラントップ >
  • リフォーム事例 >
  • 美と機能の融合。 伝統的なヨーロッパ家具に囲まれて、マンションの特質を好転させたリノベーション。

アイシンリブラン リフォーム事例

美と機能の融合。 伝統的なヨーロッパ家具に囲まれて、マンションの特質を好転させたリノベーション。

M様邸

アイシンリブラン リフォーム事例

DATA

所在地 築年数 26年
建物タイプ 分譲マンション 構造 RC造
階数 8階建(当該住戸は7階) 工事期間 2ヶ月
家族構成 ご夫婦
リフォーム箇所 リビング、ダイニング、キッチン、バス、トイレ、洗面、廊下、玄関、寝室

リフォームの動機、概要

お子様の独立を機に、ご夫婦らさしさに満ちた住まいを求めてリノベーション。最大の狙いは、ご主人念願“ヨーロピアンスタイル”の装いと、マンション特有の閉塞感の解消。

大好きなヨーロッパを毎年のように旅行されるというM様ご夫妻。特にご主人には、『いつの日か内装も家具もヨーロッパ調で統一した住まいに暮らす』という夢がありました。そしてこの度、26年間暮らしたマンションから息子さんらが巣立ったことを機に住まいの全改装を決断。夢の実現と同時に、マンション特有の暗さ、狭さ、通気性の悪さを解消し、さらにこの住まいの個性ではありましたが使い方に困っていた三角スペースの存在も、練りに練ったプランで一気に好転させるという、大胆なリノベーションとなりました。

私がご提案させていただきました

アイシンリブラン 秋田 夕一
秋田夕一

こだわりポイント

  • 時間と労力を惜しまず、徹底して選りすぐったヨーロッパ調家具の数々
  • 将来を見据えた床のバリアフリー化と、地震対策のために収納を造り付けに
  • 風の通る道をつくり、かつ人の導線も抜けを良く
  • 使い勝手の悪かった三角スペースを活かした間取り設計

図面

双方向の導線が暮らしに“ゆとり”をもたらします

今回のリノベーションで成し得た「お悩み解消」のひとつが、マンションの手狭感・窮屈さを解消する空間づくり。施工後は、ご夫婦それぞれの寝室、クローゼット、洗面・化粧ルーム、LDKなどが、目線は仕切られているものの空間として繋がっているため、開放的な風通しの良さがあり、また、来客などの状況に応じてプライバシーを保つことも可能に。そして、アイランドキッチンの導入も相まって、人の行き来を制約しない双方向の動線が、この住まいのなかにいくつも誕生。空間の大部分がオープンスペース化しています。

リフォームのみどころを解説

斜めのデザイン

リフォーム後 斜めのデザイン

リフォーム後 斜めのデザイン

以前は有効利用のすべが無かったというリビングの三角窓。このスペースを活かすための施策が、三角形の一辺と平行となる斜めの壁の設置でした。その結果、三角形の存在を消し、窓側いっぱいまでフロアが広がるリビングとなりました。LDK全体の床材を、壁の向きに合わせて斜めに敷き詰めたことで、方向の違和感を視界から感じることはありません。
新しい三角形

リフォーム後 新しい三角形

リフォーム後 新しい三角形

リビングに斜めの壁を設けたことで新たに生まれた三角形エリアを、奥様のクローゼットやパウダールームとして活用。このアイディアが提案されたとき、その斬新さにM様は「この手しかない!」とひと目で採用を決めたそうです。右写真は、双方向の導線の反対側(トイレ側)から脱衣所へ通じる入り口。回廊のような状態で両方向から行き来ができ、とても使い勝手の良い間取りとなっています。
ニッチと常夜灯

リフォーム後 ニッチと常夜灯

リフォーム後 ニッチと常夜灯

リフォーム後 ニッチと常夜灯

マンション特有の暗さを払拭するため、玄関、廊下はじめ、フロアの各所に昼夜を問わず辺りを照らす常夜灯を設置。ただ照明を付けるのではなく、それ自体が美しい景観の一部になるようにと、それぞれの常夜灯をアートなオブジェクトと組み合わせて配置しました。この手法が項を奏し、至る所で洗練された趣きが一段と深まりました。
地震対策

地震対策

地震に備えることも、今回のリノベーションのテーマのひとつ。背の高い既存家具を全て撤廃し、造り付けの収納を豊富に用意しました。リビングの壁と一体化した本棚もその一つ。ヨーロッパ調のインテリアで統一したリビングの雰囲気を、本の並びで害したくないと、普段は目に付かないよう開閉式の本棚としました。

畳ルーム

リフォーム後 畳ルーム

リフォーム後 畳ルーム

左写真の奥に見えるスライドの扉を開けると、そこに畳ルームが出現。日本人として“ごろん”と横になって安らぐエリアを残しておきたいと、M様が望まれました。ここは自由な感覚での和洋折衷を試みた場所。息子さんの帰省時や、M様のお母様が訪れた際は、間仕切りを閉めて客間としても利用。厚さ1.2cmの畳を導入したことで、LDKの床とほぼフラットにすることが出来ました。
寝室

リフォーム後 寝室

リフォーム後 寝室

左写真 : 壁紙、家具、調度品や雑貨のすべてにご主人の嗜好が存分に反映された寝室。まるでヨーロッパのプチホテルの一室ですね。「この可愛い部屋に泊まりたい」という奥様のご友人もいらっしゃるとか。

右写真 : 寝室からクローゼット、畳ルームを経てLDKまで抜けている様。寝室から玄関側に出ることなく、LDKまで行き来できます。そして、懸案の風通しも抜群です。

ヨーロピアンスタイル

リフォーム後 ヨーロピアンスタイル

リフォーム後 ヨーロピアンスタイル

リフォーム後 ヨーロピアンスタイル

リフォーム後 ヨーロピアンスタイル

リフォーム後 ヨーロピアンスタイル

リフォーム後 ヨーロピアンスタイル

リフォーム後 ヨーロピアンスタイル

プランの検討とインテリアの選定にまるっと1年かけたM様。「小手先の改修は避けたい。夢の実現には、時間が掛かってもいいから、じっくり考えたい」というM様の熱意に、アイシンリブランは、建築設計士とインテリアコーディネイターの二人体制で対応。この間に行き交ったプランニングの資料は、何十種類にもおよび、M様いわく「私が納得できるまで親身に応じていただけた」とのこと。

また、住まいの機能性向上とヨーロッパ調の演出を、バランス良く実現するためプランを精査しながら、M様ご主人は家具選びにも奔走。インテリアコーディネーターに逐次アドバイスを求めながら、何十軒もの専門店を巡り家具を厳選。こうしてこだわり抜いて揃えた家具の数々は、その多くがイタリア製。納得の逸品に囲まれながらの暮らしに、M様ご夫妻はとてもご満悦の様子です。

水まわりから増改築まで、高い提案力と実績を誇るリフォームブランド アイシンリブランへご相談ください!

  • リフォームのことをもっと知りたい!お問い合わせ・資料請求はこちら
  • リフォームの予算を考えたい!お見積りのご依頼はこちら
ページの先頭へ